太陽の占星術であらわす12の役割

人類共通のテーマ 愛、憎しみ、誕生、死、子供、親、老い

人間の営みは、ホロスコープの12の星座を変わっていく太陽の移動としてとらえ私たちは

全体的なとらえかたでは、すべてのものは他との関係の中に存在してすべては互いに

関係しあい、12星座すべては一人一人人類全体の心の中にあるととらえられ

そして人は一つの星座のもとに生まれ他の11の星座との関連も重要になってくるのです。

 

日々の生活で私たちは12の星座に接していますが、生まれた日の星座が主な影響力を

もちます。