太陽の占星術であらわす12の役割

人類共通のテーマ 愛、憎しみ、誕生、死、子供、親、老い

人間の営みは、ホロスコープの12の星座を変わっていく太陽の移動としてとらえ私たちは

全体的なとらえかたでは、すべてのものは他との関係の中に存在してすべては互いに

関係しあい、12星座すべては一人一人人類全体の心の中にあるととらえられ

そして人は一つの星座のもとに生まれ他の11の星座との関連も重要になってくるのです。

 

日々の生活で私たちは12の星座に接していますが、生まれた日の星座が主な影響力を

もちます。

 

 

天体の一般的知識、数秘術 星座、太陽、の角度など  星座をさらに詳しく特徴づける支配星と他の天体との関連についても
解説します。

また占星術の柱のひとつであるプログレス(進行)という概念についても触れ占星術では、太陽の進行を個人の人生の重要な節目の年を示すものとしてとらえています。

この人生の転機ともいうべき節目は、プログレスの太陽が星座を移り変わるとき時で、これは一生のうちで2,3度訪れます。
それぞれの誕生日によるその人長所や短所が隠された自己で明らかにされます。

その人に向いている職業についても

命のあるものには、周期性があります。この周期性の存在が占星術の前提となっています。
占星術の複雑さは主観と客観を同時に内包するという点にあって
客観的な面では時間と天体の周期によって測り、その時間に特定のを与えます。

主観的な面では、占星術は物事の前後関係から事実を見出し、象徴的に物事をとらえます。

太陽の占星術における12の役割

すべての人類共通のテーマは、愛、憎しみ、誕生、死、子供、親、老いです。人間の営みは
ホロスコープの12の星座を移り変わっていく太陽の移動としてとらえています。
全体的な捉え方は、すべてのものは、他との関係の中に存在し、すべては互いに関係しあっているととらえていきます。
12星座すべては一人一人そして人類全体の心の中に埋め込まれているととらえます。

そして人はひとつの星座のもとに生まれますが、全体としてとらえた場合には、他の11の星座との関連も重要になってくるのです。
日々の生活のなかで12の星座に接しているわけですが、生まれた日の星座が主な影響力を持ちます。
心理学ではユングがこれを元型と解釈してます。